3dsMax PolyDrow ( リトポロジーのやり方 )

スカルプティングした手。約11万ポリゴン。
sclp0001.jpg

3dsMaxにインポート。
Editable Meshなので、オブジェクトを右クリック、クアッドメニューから Convert To: > Convert to Editable Poly に変換。
3dsmax0082.jpg

Freeform から New Objectで新しいオブジェクトを作成。

Draw On:をSurfaceにしてPickからインポートした手のオブジェクトを指定領域に選択。

Minimum Distanceでポリゴンの大きさを決め、Stripsツールで形の分かりやすい手首の辺りドロー。
3dsmax0083.jpg
※元のオブジェクトはシースルー化した後、フリーズすると作業しやすい。

問題無さそうなら、アングルを変え
[Shift]を押しながら続きをドロー、最後に[Alt]を押しながら始まりと終わりのポリゴンを連結。
3dsmax0084.jpg

ツールをExtendに変え、エッジを[Ctrl]+[Shift]でループ生成。
3dsmax0085.jpg

ポリゴンの流れに注意しながら、幅が広くなった部分にはポリゴンを追加してポリゴンの大きさを均一に保つ。
3dsmax0086.jpg

ポリゴンの大きさ、分割に気をつけながら指又部分のポリゴンを作成。
3dsmax0087.jpg

こんな感じに、指の部分を作る。
3dsmax0088.jpg

Unwrap UVWモディファイヤを追加してUV展開。
3dsmax0089.jpg

Render To TextureでNormalマップ作成。
3dsmax0090.jpg

MeshSmoothモディファイヤなどを追加してレンダリングするとこのように。
3dsmax0091.jpg

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rich

Author:Rich
3DCGから派生する関連ソフトの備忘録。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
PR




注目!!自宅で本気痩せダイエット!!



access
QRコード
QR