3dsMax Particle Flow 解説-29 ( Material Dynamic )

マテリアルIDをイベント実行中に指定。

3dsmax0224.jpg
+Material Dynamic+

Assign Material… マテリアルの割り当てを使用。

Assign Material ID… 割り当てるマテリアルID。
Show In Viewport… ビューポート内に表示。
Sub-Mtl ID Offset… ID値に値を加えてサブマテリアルIDを作成。

Animated Texture
Same As Particle ID… パーティクルIDと同じマテリアルIDをパーティクルに割り当て。
Reset Particle Age… イベントに入るときにエージを0に設定。
Randomize Age Offset… パーティクルエージとマテリアルIDとの差がランダムに変化。
Max Offset… Randomize Age Offsetのランダム最大値。

Sub-Material Rotoscoping
Material ID… マテリアルIDを割り当て。
Cycle… 1からSub-Materialsまでの範囲IDを連番で割り当て。
Random… 1からSub-Materialsまでの範囲IDをランダムで割り当て。
# Sub-Materials… Cycle, Randomの上限ID。
Rate Per Sec… マテリアルIDの割り当て変更を秒単位で行う。
Loop… Cycleをループさせる。
Sync By
▼Absolute Time… ID循環を絶対時間で判定。
▼Particle Age… ID循環をパーティクル時間で判定。
▼Event Duration… ID循環をイベント時間で判定。
Rand Offset… マテリアルIDをランダムに変化。

Uniqueness
Seed… ランダムシード。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rich

Author:Rich
3DCGから派生する関連ソフトの備忘録。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
PR




注目!!自宅で本気痩せダイエット!!



access
QRコード
QR