3dsMax Garment Maker ( 服の作り方 )

Garment Makerモディファイヤを使った服の作り方。

フリーでダウンロードできる服の型紙を参考にIllustratorで大体の型紙を作成。縫い目の長さを同じくらいに意識する。
型紙自体は、max内で作成しても良い。
3dsmax0015.jpg

3dsMaxにインポート。Topビューポートに配置。
3dsmax0016.jpg

Garment Makerモディファイヤを適用。
3dsmax0017.jpg
ラインが連結していると1つなぎの縫い目と認識される(上図左)ので、
Lineエディターで頂点をブレークして縫い目を作る。(上図右)また、頂点をブレークしないと布片の角が丸まる。

Panelsサブオブジェクトレベルで布片を配置。
3dsmax0018.jpg
腕の部分は Deformation > Curved で腕を包むように曲げる。

Seamsサブオブジェクトレベルで縫い目を設定。
3dsmax0019.jpg
縫い合わせるエッジを2つ選択した状態で Create Seam を選択。
縫い線が交差した場合は Reverse Seam で反転。

Clothモディファイヤを適用してシミュレート。
3dsmax0020.jpg
Clothモディファイアにコリジョンオブジェクトとして体を読み込み、布をClothに設定。
Simulate Local(damped) で布をシミュレート。
縫い目がうまく結合できない場合は、Seamsサブオブジェクトレベル > Sewing Stiffness で布を引き寄せる力を調整。

Garment Makerモディファイヤでは、ポリゴンが三角でのみ生成されるため、MeshSmoothと相性が悪い。
サブディバイドするには、HSDSモディファイヤを使うか、リトポロジーしてMeshSmoothしたほうが良い。
3dsmax0021.jpg

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rich

Author:Rich
3DCGから派生する関連ソフトの備忘録。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
PR




注目!!自宅で本気痩せダイエット!!



access
QRコード
QR